フィラリア予防として人気のハートガードプラス!

種類はこんだけ!

「種類はこんだけ!」のフォトピクチャーです。

ハートガードプラスやレボリューションのようにフィラリア予防薬の種類は豊富です。大きく分けて3種類の投与方法があるので、ここでは投与方法について紹介していきます!

続きを読む

輸入で購入!

「輸入で購入!」のフォトピクチャーです。

ハートガードプラスなどの予防薬を病院ではなく自宅から購入する方法がある事を知っていますか?病院へ行く時間のない貴方へ自宅でも購入する方法を、ここでは紹介していきます!

続きを読む

安く買うなら!

「安く買うなら!」のフォトピクチャーです。

ハートガードプラスのような予防薬は、長期にわたって利用していく医薬品なので、なるべく安く購入したい人も多いのではないでしょうか。ここではなるべく安く購入する方法を紹介していきます!

続きを読む

感染したらどうなるのか

「感染したらどうなるのか」のフォトピクチャーです。

フィラリア症が犬や猫にとって危険な病気である理由には、命を落としてしまう危険性があるからです。人間にとって、フィラリア症の原因である寄生虫が体内へ侵入してしまっても死滅してしまうのですが、犬や猫の場合は違っています。人間とは違い耐性の無い犬や猫たちは、フィラリアという寄生虫が体内へ侵入してしまうと対抗できなくなってしまいます。寄生虫は蚊が血を吸う際に侵入するのですが、侵入してから約5年〜6年ほどかけて成虫へと成長していきます。その間は自覚症状が現れないため、体内に寄生虫が生息していても気づかないケースが多いです。犬や猫の体内で成長し増え続けている寄生虫は、最終的な住処を肺動脈や心臓などにするので、最終段階になってしまうと犬や猫のカラダは寄生虫だらけになってしまうことになります。寄生虫が体内で生き続ければ、肺動脈や心臓にたくさんの寄生虫が溢れかえり、死に至ることもあり得ます。治療法としては、手術をすることが挙げられるのですが、手術に耐えれる体力が残っていない可能性もあるため、大変危険です。フィラリア症は、とても危険な病気だということが分かりましたが、予防をすることは可能です。フィラリア予防薬を適切に投与することで確実に予防することのできる病気となっています。色んな医薬品がありますが、フィラリア予防薬として人気のある医薬品は、ハートガードプラスでしょう。犬や猫にも食べやすくて気にっている子が多く、投与しやすい医薬品となっていますし、お腹の中にいる他の寄生虫からも守ってくれるので、とてもオススメの医薬品となっています。フィラリア症の予防をする際には、まず初めにフィラリア検査をしてから投与するようにしましょう。既に感染しているとショック症状を引き起こし大変危険な状態になってしまうので、検査をして安全だと分かってから投与しましょう。

コンテンツ一覧

「コンテンツ一覧」のフォトピクチャーです。 「フィラリア予防として人気のハートガードプラス!」のコンテンツ一覧です。続きを読む